FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202010
詩作品 「酒食日記」・・・冨上芳秀
詩的_NEW

──冨上芳秀の詩──(10)

       詩作品 「酒食日記」・・・・・・・・・・・冨上芳秀
            ・・・・・・・「詩的現代」33号2020/06所載・・・・・・・・

冨上氏のメール文には、こう書かれている。
<「酒食日記」は寺島珠雄詩集『酒食年表』にちなんだもので、一種のオマージュです。
  いつもの詩とは違う日常生活詩を気まぐれに書いてみました。    冨上芳秀 >
 
添付ファイルで頂いたので全文を出しておく。

     詩作品 「酒食日記」     冨上芳秀

某月某日

最近、野菜料理に興味があって、昨日も、雨の中、「スーパーカクヤス」「スーパー丸八」
「関西スーパー」とを見て回った体力が衰えた私は自転車で走ったり歩いたりすることに
している。雨の日はスーパーマーケットで商品を見て回る。これも傘をささず歩く運動。
一時間ほど歩いたから、今日の運動は終わり。買ったのは、ビーツの葉付きの小さい玉が
二株、百五十円と葉付きの玉葱が一本、九十円。今しか食べられない玉葱の葉と赤いマジ
ックで書いてある。インターネットでレシピを調べた。一番簡単なのは、両方とも塩コシ
ョウで炒めること。鮮やかな緑と赤い茎、ビーツの球根は固いというので薄く切って、さ
らに拍子切りにした。玉葱の葉は柔らかくていい香りがする。ビーツは葉はもちろん炒め
ると茎も球根も柔らかく癖がなくおいしい。黒霧島の水割り。

某月某日

玉葱の葉も、ビーツもおいしかったので、もう一度買いに行った。この二つの野菜が欲し
いのだが、二百四十円をカード払いにするには気が引けるので、とろけるチーズ、京揚げ、
竹輪、ウィンナーソーセージを籠に入れ、奥にある野菜売り場に行ったが、玉葱の葉も、
ビーツもなかった。籠の中の物をすべて元に戻して何食わぬ顔で店を出た。夜、泡盛「千
年の響き」長期熟成の古酒は芳醇な香り。


某月某日

ビーツとリンゴの明るいピンクのジャムを作りたかったので、天満市塲に行く。ここは大
阪の江戸時代から続く青物市場で、複数の八百屋や魚屋などが「ぷらら天満」というビル
の中に入っている。「フレシコ青果」で葉付きではないけれど暗赤色のビーツを見つけた。
五個で百五十八円。葉ワサビ、九十八円だったので、三束、さっと茹で、塩を一つまみ、
袋に入れて揉んで、白だしにミリン、料理酒を入れて、冷蔵庫で一晩寝かす。つんと来る
ワサビの香りがたまらない。酒のつまみ。トレビスは葉が紫で葉脈や茎が真っ白のキャベ
ツに似たイタリア野菜、これが一玉、五十八円。その後、我が家のテーブルに野菜サラダ
が復活したきっかけになった。パセリが大きな袋にぎっしりで九十八円。ビヤグラスに活
けるとトトロの森のようだ。冷蔵庫で冷やした「どなん」はとろりと盃に盛り上がった。
六十度の花酒は一瞬、身体を痺れさせるようなパンチがある。後はブランデーの香りと甘
さが残る。


某月某日

一袋二百九十八円のリンゴ、サンフジを剥いて、ビーツ二個を短冊切りにして、グラニュ
ー糖で煮てジャムを作る。暗赤色のホコリのついたようなビーツは皮を剥くとルビーのよ
うに輝く。初めは白かったリンゴがやがて薄いピンクになる。それから、鮮やかなピンク、
さらに濃いピンクになったので、ビーツを入れすぎたかなと思ったが、もう少しドロッと
するまで煮詰めたいと思っていたら、女房が焦げ臭いと言った。慌てて止めたが、鍋の中
は水アメのようになって全体が焦げ臭い。もう少し早く火を止めるべきだったのだ。鍋は
まだぐつぐつと泡立って焦げ臭いので、慌てて大きなボウルに入れた。鍋の底は真っ黒に
焦げた砂糖分がこびりついてていた。まあ、食べましょうと女房が言ったので、サラダと
葉ワサビと菊芋の梅肉和えと酢味噌和え、マグロの煮付け、五百円のチリ産のフルボデイ
ーの赤ワイン、女房はお気に入りの馬路村酎ハイ。何とささやかで贅沢な食卓だろうと二
人で乾杯。それにしてもジャムはもったいないことをした。中華鍋の焦げを女房が金たわ
しで擦ってくれたようだが、あまりとれていない。夜中に水を流して酢を張って置いた。


某月某日

酢は効果がなかった。ひらめいたことがあった。少し水を入れた鍋を火にかけて、水がな
くなるまで熱した。それから氷を入れて急に冷やした。膨張係数の差で焦げに亀裂を入れ
て削ぎ落そうとしたのだ。スプーンでやってみるとこびりついた焦げはほとんど小さな点
が残っているだけになった。そのきれいになった鍋に昨日の水アメ状になったビーツとリ
ンゴのジャムを入れて焚いた。焼酎付けの梅の実見つけたので、それも加えた。焦げの色
がついて黒みがかっていたが、どろりとなった。昨日の失敗を繰り返さないように早めに
火を止めた。冷めたのを見るとジャムのようだ。舐めるとやはりジャムだ。焦げ臭くもな
い。「食べ物のことになると執念の人やね」と女房がほめてくれた。このジャムとハッサク
のママレードとオリゴ糖、今日のカスピ海ヨーグルトはできがいい。パセリの森の下で女
房は馬路村、私は赤霧島の水割り。水栽培のさつま芋の芽は深山幽谷の松のように繁り、
菊芋の芽も伸びた。
----------------------------------------------------------------------------
冨上氏の詩は、その時々でヴァリエーションを替えて、さまざまのスタイルを取っている。
はじめに書いたように、この詩は、寺島珠雄詩集『酒食年表』にちなんだもので、一種のオマージュということである。
現代詩は、何でもあり、なのである。味わってみてもらいたい。




コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.