FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202010
藤原光顕の歌「捨てた本20首」・・・木村草弥
たかまる_NEW

──藤原光顕の歌──(47)

      藤原光顕の歌「捨てた本20首」・・・・・・・・・・・・木村草弥
              ・・・・・・「たかまる」No.118/2020.7掲載・・・・・・・・
       

           捨てた本     藤原光顕

   最後まで聞き役でおればよかったひとことが尾をひいてうろつく
   三日探して出てこぬ本は捨てたとする捨てた本ばかり探すこの頃
   ランタナの五本が庭を占拠してたしかに過ぎた五年あれから
   グーグルで呼び出すわが家は正面をわずかに逸れて玄関がある
   思い出したのにはわけがあったはず中原中也引っ張り出してくる
   「あの人はワシもわからん」賛辞を書きながらケロッと言った柳原一郎
   怪我のことか年齢のことか杖なしで歩く頑張り褒められている
   褪色の付箋びっしりはさまれて出てきた一書 どう読んだのか
   『宇宙の「果て」に何があるのか』三年経ってまた出発する
   カタカナばかりの買い物メモ財布に入れてイズミヤへ行く
   何兆年先地球みたいな時空があって何兆年先を想像している生物がいて
   新開地通りの北の川べりの夕焼けのバラックの群れ 五十年前
   あの三畳だってけっこうドラマチックだった東川崎町のアパート
   あと二年でガラケー終わる通知がくる二年ならたぶんこっちも終わる
   一円貨を九つちゃんと並べていく ちゃんとじいさんらしくゆっくり
   茶が三毛に変わったようだが三匹が今日もわが庭の見回りに来る
   チラッと視てゆうゆうと庭を過ぎる猫「OK、今日も異常なさそう」
   常識に沿って探せばたいていのものは出てくる 大丈夫まだ
   庭が視える 道路から声が聞こえる そんな恩寵へ今朝も覚める
   こんな仕切りの中にも人は住んでいて白々と初夏の日差しを反す
--------------------------------------------------------------------------------
コロナウイルス跳梁騒ぎの自粛の中でも藤原氏は、お元気のようだ。
熱心な投稿者だった「二葉由美子」さんが亡くなった、と巻末に特集で書かれている。
人の世には「別れ」がつきものである。  合掌。
向暑の折から御身ご自愛ください。






           
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.