FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
宮沢肇詩論集『一本の葦』・・・木村草弥
宮沢_NEW

──新・読書ノート──

       宮沢肇詩論集『一本の葦』・・・・・・・・・・・・・木村草弥
               ・・・・・待望社2020/07/20刊・・・・・・・・

詩人の宮沢肇氏から、この本が贈られてきた。宮沢さんの詩は、詩「邂逅」は、このブ゜ログで紹介したことがある。リンクになっているのでアクセスされたい。

宮沢肇
詩誌「地球」 「未開」 「風」各同人を経て、現在「花」 「佐久文芸 火映」に作品を発表。
1959年 詩集『雄鶏』
1964年 詩集『青春寓話』
1982年 詩集『仮定法の鳥』
1991年 詩集『鳥の半分』 第32回中日詩賞
1996年 詩集『帽子の中』 第8回長野県詩人賞
1997年 『宮沢肇詩集』
2000年 『朝の鳥』
2003年 詩集『分け入っても』 第3回現代ポイエーシス賞
2009年 詩集『舟の行方』 
2015年 詩集『海と散髪』 
1988年 合唱組曲作詞『望月の駒』 三木稔作曲
1996年     〃    『おとめの泉』 太田桜子作曲
2012年 共著エッセイ『信濃追分紀行』 第2回秋谷豊千草賞
日本現代詩人会。 日本文芸家協会所属。
世界芸術文化アカデミー(W .A...A. C.)の終身会員    など

輝かしい詩歴の持ち主であられる。
この本は、一応「詩論集」と書いたが、120ページほどの小冊子である。

「目次」は
Ⅰ 詩人への手紙
     J・シュペルヴィエル
     土橋治重さんの花と禅
     石原武兄の原郷
     一本の葦から想像力へ
     深層につながる詩語を求めて
Ⅱ 詩想片言
     石ころの詩
     故に、詩在り

ここでは「石ころの詩」の冒頭(1)の文章を引いておく。
----------------------------------------------------------------------------

すでに存知の人も多いと思うが、まど・みちおさんに、「石ころ」という詩がある。
1979年『風景詩集』に収められている。先ずその全篇を書き写しておきたい。

  夏の まひる
  とある 道ばたの
  小さな石ころが ひとつ
  消えました
  通りがかった
  雲の影が
  ふと 包んで
  持って行ったのでした

  その夜
  世界中の 岩山たちが
  嵐のように 叫び合いましたが
  おとむらいだったでしょうか
  お祝いだったでしょうか


  人の耳には
  ただ そのあたりに
  コオロギの声が 一りん
  小さく光って
  咲いているきりでした

----------------------------------------------------------------------------
この詩から(2)ではポーランドのノーベル賞詩人に話は続き、(10)まで詩論がつづくのでした。
「詩論」を手作業で入力し直すというのは不可能なので、ほんのさわりの部分だけ紹介した無礼をお許しいただきたい。
高邁な詩論集を賜り有難うございました。 これにて「紹介」といたします。      (完)






コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.