FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202010
詩と連句「おたくさ」Ⅲ─5・・・鈴木漠
おたくさ_NEW

──鈴木漠の詩──(15)

      詩と連句「おたくさ」Ⅲ─5・・・・・・・・・・・・・鈴木漠
             ・・・・・・おたくさの会2020/07/31刊・・・・・・・・

 詩  鈴木 漠
     時雨の美学
         わが恋は松をしぐれの染めかねて真葛が原に風騒ぐなり    慈圓

  満目蕭条たる山野に草を朽ち
  降りみ降らずみの雨に濡れる枯木
  時雨は侘びや寂びの極致
  時雨を愛した芭蕉の忌日は時雨忌

  さりながら芭蕉の高弟其角
  青楼で語らう「あれ聞けと時雨来る
  夜の鐘の音」とゆらめく紙燭の朱も

  其角に親灸した蕪村にも艶冶な意義
  時雨の句が遺されている「老いが恋
  忘れんとして時雨かな」馴染みの芸妓
  と別れる未練がましさが色濃い

  時雨を侘びの象徴とする常識への懐疑
  花や紅葉の対極に時雨を置かんと乞い

    * 自由律によるソネット交叉韻の試み。
     押韻形式は abab/cdcd/efef/ef

-----------------------------------------------------------------------------
  ソネット平坦韻
          植村光明 捌き
 
        立 夏

  犬猫も主も在家*夏来たる        土井 幸夫 (夏)  a
   涼風に湧けエラン・ヴィタル*     鈴木  漠   (夏)   a
  寄せ返す波頭に心有るごとく      赤坂 恒子 (雑)  b 
    瓢箪作り秘伝繙く           梅村 光明  (秋)   b 

  こんにちは顎のしゃくれしお月さん   三神あすか (月)   c
   新酒土産に会議解散          在間 洋子  (秋)   c
  時空超え仮想の旅を楽しまん      中沢 あき  (雑)   d
    恋の成就に贈るギヤマン*      安田 幸子  (恋)   d

  縁側で友と語らふ日向ぼこ        福永 祥子  (冬)   e
    箱橇遊び斜面でこぼこ         中林ちゑ子 (冬)   e
  優しさが白亜の城を青く染め        森本 多衣 (雑)  f

   春の詩を書くペン先細め             幸夫 (春)  f
  花塗れ紙面閉ざさば即栞         辻   久々 (花)  g
    供養の鐘の響くをりをり        東條  士郎 (春)  g

二〇二〇年五月満尾   ファクシミリ おたくさ連句塾
ソネット平坦韻。押韻形式は aabb/ccdd/eef/eeg
* 在家。小池東京都知事が提唱した ステイ・ホーム。
     エラン・ヴィタル。哲学用語で「生命の躍動」。
     ギヤマン。 ダイアモンドの意。
--------------------------------------------------------------------
鈴木漠氏から、これが届いた。
全部で十二篇の作品が載っている。
健康を回復されたようで、喜ばしい。
益々の、ご健詠を。有難うございました。



 
    

  
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.