FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202102<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202104
『修学院夜話』評・・・冨上芳秀
詩遊_NEW

修学院夜話_NEW

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   草弥の詩作品<草の領域>
      poetic, or not poetic,
      that is the question. me free !
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


         『修学院夜話』評・・・・・・・・・・・・冨上芳秀 
            ・・・・・「詩遊」No.68「詩についてのメモ 19」所載・・・・・・・・

木村草弥詩集『修学院夜話』(二〇二〇年十一月一日刊、澪標)木村草弥は、一九三〇年生まれで、来年の二月には、九十一歳になるという年齢の歌人であり、詩人である。
驚くほど元気で、パソコンなども自在に使いこなし、エネルギッシュにブログなどを常に更新している。
博覧強記、柔軟な思考、みずみずしい感性で書かれる文章は、魅力的である。
〈老来、雑駁な生活に終始しているので、短歌の韻律に馴染めないので、最近は専ら散文詩である〉とこの詩集の「あとがき」に書かれているが、木村草弥は歌人として出発し、今も現役の歌人として活躍している。
最近、メールで送っていただいたのだが、角川書店「短歌」誌二〇二〇年十二月号に掲載された「聖玻璃」という十二首の短歌は実にすばらしいものである。

    ・葡萄摘むアダムの裔(すゑ)の青くさき腋窩あらはに濃むらさきなす
    ・聖玻璃の御堂の藍に身をおけば地中海恋ふる瞼(まなぶた)も青
    ・地中海あまりに青し薔薇までの距離とわが死の距離を想ふも
    ・誰がための葬(はふ)りの鐘か薔薇窓の不死鳥(フェニーチェ)の彫り翳る聖堂
    ・腋萌えてなほ少年期を出でざれば百合は朝けをまだ封印す
    ・かの魂の空洞(カベルネ)を埋めよ濃あぢさゐ彩(いろ)七色に身を染めて 夏
    ・古典辞典(レキシコン)みてゐる室に雷ひびき刺青図譜の革表紙光(て)る
    ・展翅さるる緋蝶の羽根に血の蔓が青く流るるまぼろしを見つ
    ・マルキ・ド・サド像の鼻梁をよぎる罅(ひび)みつつしをれば春雪しきる
    ・サドの忌の美術館(ミユゼ)に観るなる少年の緑衣に並ぶ金釦の列
    ・爪彩るをみながレモン垂らしつつエウロパの宴短か夜なりし
    ・コロナ禍の襲来いかに凌(しの)ぎしやエウロパの佳人いまだ文(ふみ)来ず

 この若々しい新鮮な感覚は短歌ではあるが、詩として一もすぐれたものである。
最新の歌集『信天翁』((二〇二〇年三月一日刊、澪標)については、「ジジイの覗き眼鏡8」(「詩的現代」三十三号、二〇二〇年六月十五日刊)で短歌と詩のボーダーに位置するものと捉えたが、
この十二首は短歌にして、鮮烈な詩であり、そのポエジーは青年のものではないかと私は感動した。
『修学院夜話』の「あとがき」には〈『修学院幻視』を出してから丸二年経った。/今回その後編をだすことになった。ここに至るまでに様々あったので、その経緯を書いておきたい。旧稿は、原資料の数が多すぎて著作権に触れるということで断られた。/もう数年前のである。そんなことで放置してあったが、原稿を半分に減らし、他の新作を加えて『修学院幻視』を上梓したのである。したがって原稿が残っているので、愛着もあり残りの原稿を今回出す決心をした〉と『修学院夜話』上梓の経緯を記している。
『修学院夜話』は私にとっては、批評の対象とすることはむつかしい。というのは、『修学院幻視』に比べて、詩人木村草弥があまり出てこないからである。
博覧強記の人、木村草弥が語る内容は、興味深いものである。しかし、『修学院夜話』が『修学院幻視』の資料の数が多かったので、割愛したものの拾遺であったのなら、資料が多く載せられているのも、納得できることである。その資料がそのまま掲載されていても、著作権に触れるとは思わない。
「『後水尾院御集』恋の歌」「後水尾院の側近 中村通村の歌」など、多くが資料とその通釈であっても別に問題はない。
〈後水尾院については、近衛家に伝わる『陽明文庫』の資料や禁裏の近くに居た僧侶の日記など、資料が多いと言えるだろう。/これは私の詩であって、論文ではないので、なるだけ平易にしたいのだが、説明しないと分かりにくくなるので、最低限にして資料を引きたい。//それらの資料を読んでいると「儲君(ちょくん)」という今では聴き慣れない単語が出て来る/これは、元はと言えば中国古代の漢代に発する制度だということである。儲君=皇太子と考えていいのだが、どっこい複雑である。//皇太子は、必ずしも在位中の天皇の長男を指すとは限らない。/歴史的に皇位は、長幼の序を重んじつつ、本人の能力や外戚のの勢力を考慮して決定され、/長男であれば必ず皇太子になれるとは限らなかった。―後略―〉
木村草弥自身が、〈これは私の詩であって、論文ではない〉と述べている。私は本人が詩であると言えば、詩であるという立場であるから、この詩に異論を唱える気はない。
頻繁に行われる改行は木村草弥の詩であるという気持ちの表れである。〈論文ではない〉というのは、論文似ているという自覚である。
確かに、この作品は、木村草弥の興味にしたがって、言葉を紡ぎだし、後水尾院を中心にその周りの世界を資料に従って説明していく。
だから、木村草弥が出ていないというのは、語弊がある。
木村草弥の興味の赴くところが資料に従って語られてはいるが、木村草弥自身の肉体や心(感情や思い、自身の存在に対する考察)が語られることはない。
この作品にとっては、資料の内容を語ることが大切なのである。資料の世界についてほとんど知らない私がこの作品を批評の対象に出来ないのは、そういう訳である。
私は木村草弥の語る言葉に、未知の知識を与えられ、感心するばかりである。
何篇かの散文詩が、初めの方にあるが、資料を語る旺盛な探求心に比べて淡白であった。





コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.