FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202102<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202104
『四季の〈うた〉草弥のブログ抄』私信と評・・・小林サダ子
四季_NEW

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   草弥の詩作品<草の領域>
      poetic, or not poetic,
      that is the question. me free !
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


       『四季の〈うた〉草弥のブログ抄』私信と評・・・・・・・・・・・・・小林サダ子(「からの」)

・・・・・『四季の〈うた〉草弥のブログ抄』それにしても大作でした。面白うございました。
あらゆる面での景色の多さに驚きました。
一番に心に残り、最大に心を動かされた一つは、「三月十一日の悲劇を忘れないために」であります。
私は何も知らなかったのです。知らされなかったと言いますか、本当に驚き以外の何ものでもありません。
佐藤祐禎さんの歌のことも、原発以前の本当のことも初めて知りました。何という恐ろしいことが政治と経済によって侵されてきたのでしょうか。・・・・・
今また北海道に核廃棄物の処理場建設問題が起こって住民の反対運動が弱められているようです。フクシマのことが、もっともっと人に知られなければならないのでしょう。
あなたのブログを読む人は一部分です。・・・・・世間の人々は結構に自分本位であって、無知無関心に日を過ごしているのですから。
あのフクシマは、人災だったということすら忘れてしまっているのです。恐ろしいことです。・・・・・
玉城入野の奥さんの三原由起子は浪江町出身ですよね。
その電力を頼りにして生きてきたのが、われわれ東京人というわけですか。
「日本のマスコミは一行も書かなかった」マスコミも大資本の味方なのです。 『青白き光』を探してみます。
・・・・・精力的にご活躍の様子うかがえます。今後とも、どうぞ、紙面にて読ませていただきたいものです。
珠玉の131篇でした。  桂信子さんは晩年、玉城徹と行き来ありましたっけ。
   2020年12月29日               小林サダ子 拝
----------------------------------------------------------------
小林サダ子氏は玉城徹の結社「うた」に居た人である。今は「からの」に所属しておられ、角川「短歌」誌の12首欄で私とご一緒する仲である。私より一歳若い。2020年に夫君を亡くされた。
私の歌集『昭和』を読む会を東京で開いてもらった際に出席していただいた。その節はお世話になりました。



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.