FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202105
POSTE aux MEMORANDUM(2月)月次掲示板
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
東日本大震災からまもなく十年。 被災された方々に
心よりお見舞い申上げ、死者に哀悼の意を表します。
一日も早い復興をお祈りいたします。 原発の放射能には怒りを。
                                 木村草弥
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このトップページは「月次掲示板」です。最新記事は、この次から始まります。 ↓
2009.02.28ポンポン山の福寿草
↑ 高槻ポンポン山の福寿草(藤目俊郎氏撮影)

今年も、はや二月になりました。 
「二月は逃げる」と言われて早く経ちます。

 月日は行くにまかせて微かなる身なれば過ぎゆく人も追はずに・・・・・・・・・・・・・・北沢郁子
 樹でありし時間とその後の観音としての時間といずれが長き・・・・・・・・・・・・・・・・・・三井修 
 詩の幾つ今も諳じてゐることの証とも賢治に拠りし疾歴・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 黒松武蔵
 澤地さんと同じ引揚げ同じ齢同じプラカード掲げ立つ今日・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 水野昌雄
 ひとつずつ孤立し咲ける梅の花古木の持てる力あつめて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・玉井清弘
 にんげんのもつ寂寞のかげとしも雲仰ぎたり寒の朝焼け・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 松永智子
 部屋隅に鉢に年経しゴムの木はしづかに床に古葉を落す・・・・・・・・・・・・・・・・・小林サダ子
 わさび菜の黄色の花の咲きはじめちひさなむぞか蜂が来てゐる・・・・・・・・・・・・恒成美代子
 紫に凍てし茜を統べ終えてひとり光を放ちゆく月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 清原日出夫
 そりやぁあなたの齢にわれも達したり史の享年には十年余・・・・・・・・・・・・・・・・・・楠田立身
 「日が長くなった」と語り自転車の鍵をはずせば五時のサイレン・・・・・・・・・・・・ 藤原龍一郎
 木の芽咲け木の芽裂けよといなびかりひらめき春雷とどろきにけり・・・・・・・・・・・・萩岡良博
 それぞれの表情もてる埴輪の眼いよよ暗くて雪降り出す・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・櫟原聰
 鎮魂の時は来るらし夜のおどろ山坂はしる雪けぶりはも・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 長岡千尋
 アスファルトの割れ目割れ目に根を張りて小錦草の今年の錆朱・・・・・・・・・・・・・・ 真中朋久
 ひとつぶの種にも
あることの形にこもる意志を思えり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・武藤ゆかり
 用心の仕方がいかにも貂らしく摺り足ぎみに雪上をゆく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 久我田鶴子
 さかしまに地下線見ゆひるがへる風の背(そびら)に真裸の月・・・・・・・・・・・・・・・・・阪森郁代
 鉄を食ふ鉄バクテリア鉄の中・・・・・・・・・・・・・・・ 三橋敏雄
 冬枯や熊祭る子の蝦夷錦・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 正岡子規
 あかつきに雪降りし山神還る・・・・・・・・・・・・・・・・ 藤田湘子
 滴りてしんがりの透く氷柱かな・・・・・・・・・・・・・・・宮崎玲奈
 ふたつみつ咲き初む梅やアラビア語・・・・・・・・・・薮内小鈴
 如月の空如月の永久歯・・・・・・・・・・・・・・・・・・・藤井なお子
 双眼に虚無あふれしめ冬埴輪・・・・・・・・・・・・・・・藤原月彦
 春寒や子規全集の一書欠く・・・・・・・・・・・・・・・・栗田やすし
 川幅に音たちあがる雪解川・・・・・・・・・・・・・・・・・ 松岡隆子
 ヒヤシンス奈落の蓋は下にあく・・・・・・・・・・・・・・・河西志帆
 うぐひすや半紙の帯の濃紫・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・金子敦
 クロッカス眠れば記憶ちりぢりに・・・・・・・・・・・・・・折膝家鴨
 雪の夜はいとあはれなる妻の臍・・・・・・・・・・・・・・市堀玉宗
 着ぶくれて土竜の穴をのぞきこむ・・・・・・・・・・・・・杉山久子
 悴んで犬にやさしくされてをり・・・・・・・・・・・・・・・・ 津野利行
 つべこべつべこべつべこべと刻む・・・・・・・・・・・・・筒井祥文
 踏絵なほマリアの笑みを残しけり・・・・・・・・・・・・・千葉喬子
 さかさまの壺が母系にふさわしい・・・・・・・・・・・・・平岡直子
 恋猫が写楽顔して戻りけり・・・・・・・・・・・・・・・・・・西池冬扇
 下駄箱に死因AとBがある・・・・・・・・・・・・・・・・・・・飯田良祐
 パンに耳うどんに腰や冬うらら・・・・・・・・・・・・・・・千坂希妙
 舟歌に乗せるショパンじゃない右手・・・・・・・・・・・月波与生
 梅咲いて暗峠明るうす・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・塩川雄三
 爪先を辺境と思ふ霜柱・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・青島玄武 
 ストーブの近く雲母の棚の冷え・・・・・・・・・・・・・・・青本瑞季
 塞ぎたる北窓と仮面の指紋・・・・・・・・・・・・・・・・・・青山青史
 冬帽のてつぺんどうしても余る・・・・・・・・・・・・・・・・・大塚凱
 さらさらと音より乾き干若布・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・今本まり
 関節に冬日をこぼしカルテット・・・・・・・・・・・・・・加藤絵里子
 勝独楽の立ちたるままを鷲摑む・・・・・・・・・・・・・・仮屋賢一
 隣人に挨拶をする梅日和・・・・・・・・・・・・・・・・・・・北川美美
 あかあかとてのひら舞へり雪兎・・・・・・・・・・・・・・・加藤御影
 描きかけの消防車なり出動す・・・・・・・・・・・・・・・・小池康生
 括られて苦しまぎれの花舗の梅・・・・・・・・・・・・・・吉岡雅文
 忘却といふ身勝手や春の風邪・・・・・・・・・・・・・・ 吉田光政
 探梅や寄り来る猫の縞模様・・・・・・・・・・・・・・・・利普苑るな
 けふよりはびつこの黒き恋の猫・・・・・・・・・・・・・・きしゆみこ
 巫女赤く神主白く梅見頃・・・・・・・・・・・・・・・・・・ハードエッジ
 二ン月の谷や小さく鳥も見え・・・・・・・・・・・・・・・・・・・堀下翔
 サポーターたり土手一面のいぬふぐり・・・・・・・・・・青木玲子
 熊の湯は谷の深雪に五六軒・・・・・・・・・・・・・・・・前北かおる
 早梅や湯島の岡の暮れなづむ・・・・・・・・・・ ・・・・・ 杉原祐之
 冬光の膨らむほとり膝近く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岬光世
 折紙のはじめに三角天に鶴・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 桑田佳穂
 探鳥の探梅行となりにけり・・・・・・・・・・・・・・・・・・藤原千賀子
 交代の守衛の背中冬ざるる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・森紀子
 月欠けてレノンは呼んでいるレノン・・・・・・・・・・・・・ 岩根彰子
 農道をひたひた歩き春遠し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・鈴木牛後


ご来訪くださいまして有難うございます。
ぜひコメントを置いてください。コメントには必ず返事いたします。 ただし不穏当なものは勝手ながら削除いたします。
コメントは各記事の末尾に「コメント」という欄がありますから、それをクリックしてお入りください。
私はこのブログを、WebのHP「木村草弥の詩と旅のページ<風景のコスモロジー>」と一体としたものとして運営しています。
このblogは、私の知人、友人にも公開しているので、閲覧の便宜のために少し説明させて下さい。
本文の中で「色の変っている」部分は「リンク」になっていることを意味します。クリックで当該記事へ飛びます。
 GoogleYahooで「木村草弥」や「K-SOHYA POEM BLOG」で検索して頂くと数千件のヒットがあります。重複も多いのですが、ここでしか読めないものもあります。

閲覧の仕方
「当月」の記事は開いている状態でご覧になれますが、「先月」などのバックナンバーの閲覧は、上部のカレンダーの « の印を押して「過去」へ進んでください。
「月別アーカイブ」は30件表示するようになっています。30件以上ある場合は「NEXT」を押して進んでください。
「カテゴリー」を選んでいただくと、当該カテゴリーの一覧として、ずらっと出てきます。よろしく。 
私の記事は、引用、リンク、転載フリーです。事後でもお知らせ下さると嬉しいです。
パソコンの画面は「最大化」でご覧ください。

私のブログは大きい写真が入りますので、チョン切れを避けるためです、よろしく。

★─My Works─★
著書──
 歌集 『茶の四季』 (角川書店刊)
 歌集 『嘉木』 (角川書店刊)
 歌集 『樹々の記憶』 (短歌新聞社刊)
 歌集 『嬬恋』 (角川書店刊)
 歌集 『昭和』 (角川書店刊) 
 歌集 『無冠の馬』 (KADOKAWA刊)
 歌集 『信天翁』 (澪標刊) 
 詩集 『免疫系』 (角川書店刊)
 詩集 『愛の寓意』 (角川書店刊)
 詩集 『修学院幻視』 (澪標刊)
 詩集 『修学院夜話』 (澪標刊)
 エッセイ集 『四季の〈うた〉草弥のブログ抄』 (澪標刊)
 紀行歌文集 『青衣のアフェア』 『シュベイクの奇行』 『南船北馬』(私家版)

木村草弥の本について
◆エッセイ集『四季の〈うた〉─草弥のブログ抄』、第四詩集『修学院夜話』、第七歌集『信天翁』、第六歌集『無冠の馬』、第三詩集『修学院幻視』は、下記のところで買えます。  
お求めはamazonをはじめオンライン書店や、一般書店からの取次ぎでお願いしたい。
アマゾンには在庫してもらってあるので、即刻の配達が可能の筈です。
◆私の「旧作」は、目下、出版社からは取り寄せ出来ません。amazon「日本の古本屋」に出回っていることがありますから、ここから検索してみて下さい。もう何人もお買いいただいています。
本(歌集、詩集)の詳細はWebのHPをご覧下さい。よろしく。

Wikipedia─木村草弥

Facebook─木村草弥

ランキングを確認する ★ ──登録ジャンル:学問・文化・芸術>小説・詩
 これも戯れですが、結構おもしろいです。日々↑↓ します。アクセス数によるのでしょう。 ご覧ください。


banner99条守ろう

  9条守ろう!ブロガーズ・リンクに参加しています(0215)
 日本国憲法九条
1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。
2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

Banner_125x125_0003_D.jpg

   「地球上のすべての人が、
  人類すべての知識への自由かつ完全なアクセスを分かち合えたら、
  と想像してみてください。」
──── ウィキペディア創設者 ジミー・ウェールズ






コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.