FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202102<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202104
藤原光顕の歌「星花忌②抄」・・・木村草弥
たかまる_NEW

──藤原光顕の歌──(50)

       藤原光顕の歌「星花忌②抄」・・・・・・・・・・・・・木村草弥
               ・・・・・「たかまる」誌No.120/2021.1所載・・・・・・・・・

       星花忌②抄 その後 1      藤原光顕

  咲き誇るランタナの横に立たせてみる あの笑顔で佇たせてみる
  卵焼きの色は淋しい 少しずつひとり暮らしに慣れていくのか
  庭が初夏になった あなたは綺麗なお花畑を見ただろうか
  雑草園が秋色になった あの世へぬける 光が透ける
  連れていってやればよかったドバイ、マルタ もっと遠くへ逝ってしまった
  十数回海外へも行ったもう一度スイスの願いは未遂に終わった
  春・夏・秋・冬 ふたりで散歩するだけであんなに喜んでいた
  川の畔り田んぼの畦道 草花を抜いてきては雑草園を賑やかにした
  うさぎの好きな人だったうさぎを提げたガラケーをそのまま使う
  ぽつんと言った須磨のこと六甲山のこと 亡くなる前のいつだったか
  五か月経って夢に出てくる あの日のように「まだァ」と言う
  迷ってまた玄関に置く 少し汚れた妻のウォーキングシューズ
  まだ出てくるアルバム何冊寒い午後をまたさかのぼる三十何年
  オモチャみていな炊飯器で毎日一合炊く毎日一口ずつ余る
  この味忘れるまいと噛み続ける 妻手作りのジャムが尽きる
  あれから一年 生き残ったこころは庭の草むしりに集中する
  ひとりではさまにならない スーパーの帰りにいつも休んだベンチ
  ミックスサラダとあれば刻んだキャベツを買うひとりで食えばまさしく餌だ
  「歌書いてなければパパはダメになるかも」いまごろになって人づてに聞く      (つづく) 
---------------------------------------------------------------------------
藤原光顕さんから季刊誌が届いた。
巻頭に載る「星花忌」は、宮崎信義の歌集『梅花忌』に因むものだと藤原氏はいう。
何分、歌の数が65と多いものなので、ネット原稿で送り直しを求めたが返事がないので「抄出」で失礼するがお許しいただきたい。
「本」という紹介欄で、私の本『修学院夜話』と『四季の〈うた〉草弥のブログ抄』を採り上げていただいた。御礼申し上げる。


 
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.