FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202010
私の手で作ったぶらんこが/乗り手もなくなったまま・・・・・・・・・・・・・・・高田敏子
f0179879_1114563.jpg

──高田敏子の詩──(5)─再掲──

       鞦韆(ぶらんこ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・高田敏子

     私の手で作ったぶらんこが
     乗り手もなくなったまま
     庭木の枝から下がっていて
     子犬のおもちゃになっている

     夜中に目覚めて
     ぶらんこを押している犬
     ぶらんこは
     ときどき こつんと
     犬の頭をたたくらしい

     戸を閉した部屋の中で
     私は文字と遊んでいる
     愛とか死とかの文字を書きながら
     私はときどきちいさな悲鳴をあげる

     月夜か闇夜か知らない庭で
     子犬はぶらんこと遊んでいる
     小さな頭に こつんと当る
     その音だけを 私に聞かして
-----------------------------------------------------
この詩は詩集『砂漠のロバ』に載るものである。
詩人というのは、この詩に書かれるように「文字と遊ぶ」ものである。
「愛とか死とかの文字を書きながら/私はときどきちいさな悲鳴をあげる」というフレーズは、私も詩人として全き同感を表明する。

コメント
コメント
sohya 様
お早うございます。
明日から10月ですが急に涼しくなりましたので風邪などお気をつけ下さい。今月も宜しくです。
2010/09/30(木) 08:50:59 | URL | ももたろう #- [ 編集 ]
ももたろう様 コメント有難うございます
■ももたろう様 
コメント有難うございます。
あなたも、ご自愛ください。
では、また。
2010/09/30(木) 11:52:29 | URL | sohya #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.