FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202010
「墓地を買いませんか」/友人がいった/墓地を買うなんて/・・・・・・・・・・・・・・高田敏子
20090506134307261.jpg

──高田敏子の詩──(7)再掲載・初出Doblog2004/10/04

          丘・・・・・・・・・・・・高田敏子

     「墓地を買いませんか」
     友人がいった
     墓地を買うなんて
     私は一度も思ったことはなかった
     「丘の上の海の見えるところです」

     カモメがとんで 波がくだけて
     島がよいの汽船が見えて
     むかし そんな丘に住みたいと思った
     夢二の絵のように坐って
     レモンティーを飲みたいと願った

     ──そう レモンティーはさぞおいしいだろう
     「生もたのし 死もまたたのしです」
     友人は
     引越しの日をたのしむようにいった
     そして最後につけくわえた
     「必需品ですよ」
---------------------------------------------------
掲出の写真は、横浜山手の外人墓地のものである。この詩の「丘の上の海の見える」丘という設定に、なにほどかマッチするのではないか。
この詩は詩集『にちよう日』から。



コメント
コメント
sohya 様
お早うございます。
外人墓地!絶好のロケーションですよね~!何度か訪れましたが、お墓にするには勿体ない場所ですよね!レモンティ~で全てが表現されている様に思います!
2010/10/04(月) 08:54:12 | URL | ももたろう #- [ 編集 ]
「横浜」は昔はさびしい漁村でした
■ももたろう様。
お早うございます。
神戸も横浜も昔はさびしい漁村でした。
今は日本で有数の港都になりました。
では、また。
2010/10/05(火) 08:36:26 | URL | sohya #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.