FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
さんま さんま、/そが上に青き蜜柑の酸をしたたらせて/さんまを食ふは・・・・・・・・・・佐藤春夫
佐藤春夫記念館

      秋刀魚(さんま)の歌・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤春夫

     あはれ
     秋風よ
     情(こころ)あらば
     伝へてよ
     ───男ありて
     今日の夕餉に
     ひとりさんまを食(くら)ひて
     思ひにふけると。

     さんま さんま
     そが上に青き蜜柑の酸(す)をしたたらせて
     さんまを食ふはその男がふる里のならひなり。
     そのならひをあやしみ なつかしみて女は
     いくたびか青き蜜柑をもぎ来て夕餉にむかひけむ。
     あはれ、人に捨てられんとする人妻と
     妻にそむかれたる男と食卓にむかへば、
     愛うすき父を持ちし女の児は
     小さき箸をあやつりなやみつつ
     父ならぬ男にさんまの腸(はら)をくれむと言ふにあらずや。
     あはれ
     秋風よ
     汝(なれ)こそは見つらめ
     世のつねならぬ団欒(まどゐ)を。

     いかに秋風よ
     いとせめて
     証(あかし)せよ かの一ときの団欒
     ゆめに非ずと。

     あはれ
     秋風よ
     情あらば伝へてよ、
     夫を失はざりし妻と
     父を失はざりし幼児に伝へてよ
     ───男ありて
     今日の夕餉に ひとり
     さんまを食ひて
     涙をながすと。

     さんま さんま、
     さんま苦いか塩つぱいか。
     そが上に熱き涙をしたたらせてさんまを食ふは
     いづこの里のならひぞや。
     あはれ
     げにそは問はまほしく をかし。
---------------------------------------------------
2229_1.jpg

秋刀魚の季節になると、決まったように、この詩の一節が頭に浮かぶ。
写真②に掲げる「さんま寿司」は小ぶりで、あっさりした味で、私の好物である。一年中、ここに行けば、いつでも買える。

この春夫の詩の背景には、谷崎潤一郎の妻・千代への思いが秘められていることは、よく知られている。
谷崎の推薦で出世作『田園の憂鬱』などを1918年に発表しはじめた春夫は、谷崎との親交を深め、
同棲していた女性と1920年に別れた時には、小田原の谷崎宅に一時滞在したほどだった。
当時、谷崎は他の女に夢中で家庭を顧みなかった。春夫の千代への同情は、いつしか恋愛感情へと深まった。
この詩の第二連などのように、まるで物語の一場面のような詠いぶりである。

いろいろあった後、ようやく春夫と千代が一緒になれたのは1935年のことであった。千代は潤一郎と離別して春夫と結婚。
双方交際は従前どおり・・・・という三人連名の挨拶状が関係者に送られ「細君譲渡事件」として話題を呼んだという。

000000031.jpg

↑「秋刀魚の歌」の碑が、JR紀伊勝浦駅前に建てられている。

新宮市が春夫の故郷だが、掲出写真に掲げるように東京の佐藤邸を移築した「佐藤春夫記念館」が、熊野速玉大社の境内脇に建っている。
この地の人たちは、郷土の生んだ作家を誇りにしている。

↓ 原稿は違うが佐藤春夫の自筆原稿の写真を出しておく。
gp6614.jpg



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.